ハイウェイ車でノリノリドライビング値引き編

ハイウェイ車でノリノリドライビング値引き編

ハイウェイ車でノリノリドライビング値引き編

車というのは、値引きが難しいと言われてますが、私はやり方ひとつだと思います。車体価格、オプションそれぞれ値引き対象だと思います。新車だとなかなか値引きといっても限界があるため、私は、いつも中古車で探すようにしてます。中古車だと販売店の担当の方のさじ加減ですので、なかなか値引き交渉のやりがいがあります。タイヤ、マット、ナビ、バイザー等中古車の場合は一点物でその車に対して交渉ができるためやり易いです。私は、つい最近、レクサスCTを中古車で購入しました。知っての通りレクサスは新車では値引きを一切しません。中古車ですとちゃんと値引き交渉におおじてくれますよ。私の購入した車は二年落ち走行4千しか走っておらず程度的にはバッチリだったんですが、欠品の部品などが多々ありました。バッテリー、フロアマット、バイザー、取扱い説明書、ナビの説明書、アルミキズ等様々な物が色々あったんですが交渉で全て無料で交換、取り付けしていただきました。後、外装コーティング、内装クリーニングもやって貰いました。私の場合は、1つ1つに対して交渉していきました。まず、車体です。仕入れはオークションなのか買取りなのかをまず聞きます。オークションですと相場を調べて自分でここまでと決めた数字で交渉。買取りなら相場より安い値段で交渉。それだけでだいぶ違います。次はオプションです。低姿勢で、1つ1つの値段を調べてこれをするだけでこれだけかかる、何とかしてくれたり補助してくれるなら購入を考えると言うと、なんかしらアクションしてきます。それと、担当者がしっかり車に知識があるのかというのを見極めなければなりません。そうしないと、上司に相談してから等といって逃げていきます。私は、上司にその場で電話させましたが。値段交渉は正解がありません。ですので、自分がこれならお得という数字をはっきり決めること。そして、相手に敬意を払って言葉づかいに注意する事。頭ごなしに言っても相手は呆れてなにもしてくれません。交渉の時点では買うと決まってないので強気に出てはいけません。交渉は駆け引きです。根気よく諦めるようなことなく、お得を出してください。


ホーム RSS購読